専用霊園・納骨堂を完備。最愛のペットとのお別れをサポートします。大阪・京都・兵庫のペット葬儀ならペット出張・移動火葬の愛愛送社にお任せください。

新着情報 アクセスマップ
  1. ホーム
  2. 曹洞宗 栄春寺
  • 斎場
  • 移動火葬
  • エリアのご案内
  • ペット霊園
  • 納骨堂
  • ご葬儀Q&A
  • 役所への手続き
愛愛送社の考え

私たちの想い

栄春寺
曹洞宗 栄春寺の住職様により、亡くなったペットの供養をしていただいております。

当社では亡くなられたかけがえのないペットのために、曹洞宗 栄春寺の住職様に手厚く供養していただいております。

曹洞宗 栄春寺では、こうしたペットを供養することが浸透してない頃から、ペットの命も人間と同じように尊いものであり、その死を慈しみ住職様がお経を報じられています。また、生前の感謝の意をこめ寺院内に慰霊碑を建立されています。

亡くなられたペットちゃんのご冥福を祈っております。
慰霊碑

寺院での埋葬 ¥10,000
寺院での永代供養(卒塔婆供用)  ¥30,000


ご住職のお言葉
青葉の上の一滴の露は、内も外も包み隠すことなく堂々とそのものの姿を現しています。今、私たちも、小さなこの一滴の露に学ばなければなりません。

今も庭に目をやると、緑は爽やかで、花は鮮やかです。しかし、忙しく殺伐とした毎日の中で、当たり前のことがありのままに目に入っているでしょうか。

ものごとに対して、素直に受け取ろうとしているでしょうか。忙しい中にも季節は移り行きます。そして足元の花も虫も、命の限り精一杯なのです。

時折、「一期一会」という言葉を聞きますが、一期とは人の一生のこと、一会とは一度きりという意味です。いかなるときも次の期会というものはないです。あっても、今とはまったく違うものになっているはずです。その時々が、「今生の別れ」、そう思うと人と接するときも、物に接するときも、もっと優しく、いたわりと思いやりを持てるはずです。これも「一滴の露」の教えなのです。

「明歴々、露堂々」―歴然として明らかに、堂々とさらけ出す。包み隠すことのない堂々とした姿、そんな姿で生きられれば、そして人々と接することができれば、豊かな心で日々が過ごせるのではないでしょうか。「忙」しいという字は、心が亡くなると書きます。どうかご参詣のほんの一時でも、心にゆとりのスペースを持っていただきたいものです。そして、四季を感じ、四季と遊び学ぶ心を育んでいただきたい、と願っています。

さあ、いつどんな時でも「露堂々」です。

合掌
栄春寺 住職 米澤 昭博

▲ページのトップに戻る