京都、滋賀、大阪のペット出張・移動火葬のことなら愛愛送社にお任せください。

新着情報 アクセスマップ
  1. ホーム
  2. 新着情報
  • 斎場
  • 移動火葬
  • エリアのご案内
  • ペット霊園
  • 納骨堂
  • ご葬儀Q&A
  • 役所への手続き
新着情報

新着情報

rss

2017.9.21  
2017年10月20日月例法要を行います。

10月20日の13時より月例法要を行います。
当霊園に永代供養をさせていただいておりますご家族様は是非ご参加ください。

2017.9.21  
とわの愛の墓

岡本ボアちゃん

共同墓地に埋葬させていただきました。
安らかにお眠り下さい...。≪愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.9.21  
月例法要を行いました。

9月20日霊園にて住職様による読経をあげていただきました。
   
ご参加いただきましたご家族の皆様、そして住職様、ありがとうございました。


ペットちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
                           
                    2017年9月20日 愛愛送社スタッフ一同

2017.8.23  
月例法要を行いました。

8月20日霊園にて住職様による読経をあげていただきました。
   
ご参加いただきましたご家族の皆様、そして住職様、ありがとうございました。


ペットちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
                           
                    2017年8月20日 愛愛送社スタッフ一同

2017.8.23  
とわの愛の墓

天羽チャコちゃん

川西杏里ちゃん

共同墓地に埋葬させていただきました。
安らかにお眠り下さい...。≪愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.8.23  
2017年9月20日月例法要を行います。

9月20日の13時より月例法要を行います。
当霊園に永代供養をさせていただいておりますご家族様は是非ご参加ください。

2017.8.6  
我が子の絆永遠に

滋賀県大津市在住

小太郎ちゃんへ
可愛くてすごくすごくお利巧さんでした。部屋にお入りと一言でさっさと部屋に入りごほうびのおやつを待っておすわりをしている小太郎でした。

滋賀県蒲生群
タロちゃんへ
4年間寝たきり状態となりましたが、毎日一生懸命食べて鳴いていました。
私に命とは何か、なんとなく教えてくれていたのだと思います。

大阪府豊中市
勇気ちゃんへ
勇君、短い間だったけど良く頑張りました。
天国で楽しく過してね、本当に有り難う。

滋賀県守山市
リンちゃんへ
沢山に幸せな時間をありがとう!大好きだよ!又、会えたらいいね!

大阪市北区
ボアちゃんへ
一緒に過ごせたこと、出会えてよかったですvボアと一緒に居た時間は宝物v天国で元気に走って美味しい物をいっぱい食べてハッピーと仲良くねvありがとう!!!

兵庫県尼崎市
タケちゃんへ
ながい間病気でしんどかったね
ゆっくり眠ってね

小太郎ちゃん、タロちゃん、勇気ちゃん、リンちゃん、ボアちゃん、タケちゃん他
全てのペットちゃんのご冥福をお祈りいたします≪2017年8月6日 愛愛送社スタッフ一堂≫

2017.7.22  
2017年8月20日 月例法要を行います。

8月20日の13時より自社霊園・斎場にて月例法要を行います。
当霊園に永代供養をさせていただいておりますご家族様は是非ご参加ください。

2017.7.22  
月例法要を行いました。

霊園にて住職様による読経をあげていただきました。
   
ご参加いただきましたご家族の皆様、そして住職様、ありがとうございました。


ペットちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
                           
                    2017年7月20日 愛愛送社スタッフ一同

2017.6.25  
6/25のペット関連ニュース記事です

なぜ霊園はペットとの埋葬を禁止するのか? AERA dot. (アエラドット) https://dot.asahi.com/aera/2017061500039.html

犬は「フレンドリー」だけど、猫は「ツンデレ」。猫好きにはたまらないその魅力が変わるかもしれない。人工増殖と給餌が野生を奪い、「犬っぽい猫」が増えているのだ。2017年は猫が犬の飼育頭数を上回る可能性が出てきた。猫ブームの勢いが止まらない中、ペットの世界に何が起きているのか。AERA 2017年6月19日号では、ペットを大特集。

 日本では、子どもの数よりペットの数の方が多いと言われている。それに伴い、ペットと一緒にお墓に入りたいと願う人が増加しているという――。

*  *  *
「一昔前は『私が亡くなったら、一緒に入れてほしい』という方もいらっしゃいました」

 こう話すのは某ペット霊園の関係者。愛犬を溺愛しすぎて、ペット用のお墓に自分も入りたいと言い出す愛犬家が少なからずいたという。背景にあったのは、「ペット不可」の墓地・霊園の多さ。千葉県で一人暮らしをするAさん(60代)が言う。

「2009年に夫が亡くなって、その1年後にジャン(犬・享年15)があとを追うように亡くなったのですが、お寺はペットの埋葬を認めてくれませんでした。なので、お墓参りのたびにジャンの遺骨をこっそり持ち込んで、お墓に入れさせてもらいました」

 Aさんの周囲の愛犬家たちも、みな同じようにこっそりと自身が将来入るお墓にペットの遺骨を埋葬していたという。なぜ、霊園はペットを一緒に埋葬することを禁止するのか?

 関東でペットと一緒に入れる霊園などを多く扱う美郷石材常務取締役の新美整氏が話す。

「仏教では動物を『畜生』に分類しているため、人間と一緒に供養すべきでないとするお寺さんが非常に多い。一方、宗教的制約のない民間霊園でも利用者の中には少なからずペット嫌いの方もおられます」

●先祖ともどもご供養

 だが、今や日本は子どもの数よりペットが多いというペット大国。そのため「ペット可」の霊園も着実に増えている。

「少子化で、子育てと同様、ペットに多額のお金を費やす家庭が増えた影響です。子ども同然なので、同じお墓に埋葬してお盆の時期には先祖ともどもご供養したいというニーズが高まっています」(日本ペットロス協会・吉田千史氏)

 新美氏も次のように話す。
「新規に建設される霊園の半分とまではいきませんが、ペット可とする霊園は多くなっている」

 東京・三田にある魚籃寺は、いち早くペット可としたお寺だ。

「ご本尊の魚籃観音菩薩は文字通り魚籃(魚を入れる籠)を持つ観音様。動物と縁があったことに加え、檀家さんから『ペットと一緒に入りたい』という要望があったため、30年ほど前からペットのご供養もさせてもらうようになり、今では数十体の遺骨が檀家さんのお墓に入っています」(山田智之住職)

 中には、別のお寺の檀家だった人が、ペットと一緒に入りたい一心で“引っ越し”するケースもあるという。ただ、ペットと一緒に埋葬してもらうには、当然お金もかかる点には注意を。

「永代供養料は墓地・霊園によってピンキリ。代々管理されているお墓がペット可で、そちらに埋葬される場合は、墓石に名前を彫る加工代が3万〜5万円。さらに2万〜3万円の埋葬料がかかるのが一般的です」(新美氏)

 過去には何十匹もペットを飼っていた家族が、先祖代々受け継ぐお墓への埋葬を希望し、墓石がペットの名前で埋まってしまった例もあったという。

(ジャーナリスト・田茂井治)

※AERA 2017年6月12日号


昨今ではペットちゃんも家族の一人なので出来れば最後の最後まで一緒に居たいですね。
ペット可の霊園はまだまだ少ないでしょうがこれから増えて行けば良いな。とおもいました。

≪2017年6月25日 愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.6.21  
2017年7月20日 月例法要を行います。

7月20日の13時より自社霊園・斎場にて月例法要を行います。
当霊園に永代供養をさせていただいておりますご家族様は是非ご参加ください。

2017.6.21  
月例法要を行いました。

霊園にて住職様による読経をあげていただきました。
   
ご参加いただきましたご家族の皆様、そして住職様、ありがとうございました。


ペットちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
                           
                    2017年6月20日 愛愛送社スタッフ一同

2017.6.21  
とわの愛の墓

6月20日

川端ケンタちゃん
産田トムちゃん

共同墓地に埋葬させていただきました。
安らかにお眠り下さい...。≪愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.5.20  
2017年6月20日 月例法要を行います。

6月20日の13時より自社霊園・斎場にて月例法要を行います。
当霊園に永代供養をさせていただいておりますご家族様は是非ご参加ください。

2017.5.20  
月例法要を行いました。

霊園にて住職様による読経をあげていただきました。
   
ご参加いただきましたご家族の皆様、そして住職様、ありがとうございました。


ペットちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
                           
                    2017年5月20日 愛愛送社スタッフ一同

2017.5.20  
とわの愛の墓

5月20日

平木クッキーちゃん
前野リリィちゃん

共同墓地に埋葬させていただきました。
安らかにお眠り下さい...。≪愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.4.22  
4/22 ペット関連ニュース記事です

「枚方市のペット霊園が突如閉鎖で物議 山積みの遺骨や墓標に利用者から悲痛な声「自然葬の子はどこへ……」

ねとらぼ 2017年04月21日 16時30分 更新
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/21/news109.html


突如閉鎖になったペット霊園に掘り返された骨や墓標らしき残骸が捨てられていたとして、大阪府枚方市のペット霊園「宝塔」に批判が集まっています。Twitterに投稿された画像には「1月末で閉園しました」「整地の後、地権者にお返しします」「H29.4月より工事に入ります」などと書かれた張り紙や、山積みになった骨などが写されていました。

霊園の中には利用者が書いたとみられる「自然葬の子達はどこへ行ったのか教えて下さい」「燃えた山の横に遺骨の山があります」などのメッセージも残されていました。宝塔のサイトは現在も閲覧可能ですが、ここでは閉園についてのアナウンスはなく、問い合わせ先として記載されている電話番号も通じない状態になっています。ツイートの投稿者はこれらのことを踏まえ「恐らく多くの利用者に知らされていない。霊園に入れる事を何だと思ってるのだろう?」と語っています。

宝塔は創業20周年を超えるペット霊園。一般葬(火葬・納骨)が1万円から4万円、自然葬(埋葬)が1万円から3万円ほどの一般的な料金となっており、ペット葬儀社検索サイト「ペット葬儀マップ」へ過去に寄せられた口コミでは「料金以上の事をしてくださり感謝しかありません」「私は宝塔にお願いして良かったです」などの声が見られました。

 ペット霊園の設置は各自治体の条例によって「申請者が所有する土地であること」(神奈川県相模原市)などの規制が設けられる場合がありますが、枚方市環境総務課によると、枚方市にはペット霊園の許可を所管する部署がなく、他の法令に触れない限りは設置について専属する手続きは不要になっていたとのこと。また、宝塔の閉鎖にあたって廃棄物(※)が出たという相談はなく、愛玩動物担当や通常の墓地を担当する部署にも相談はなかったそうです。

※廃棄物のカテゴリーにペットの死骸は該当しない。

 元となったツイートは1万6000RTを突破し広く拡散。投稿者は「突然の閉鎖で利用者が戸惑っていました。ネットやメディアで声を上げる人が見つからなかったので(問題提起のために)Twitterを使いました」と語っています。


なんとも悲しい話です。一体ここに眠っていた子たちの魂はどうなってしまうのでしょうか……。
弊社では何が有ろうとこのような事態にならない様に努力していかねば、と努力していく次第です。

≪2017年4月22日 愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.4.20  
2017年5月20日 月例法要を行います。

5月20日の12時より自社霊園・斎場にて月例法要を行います。
当霊園に永代供養をさせていただいておりますご家族様は是非ご参加ください。

2017.4.20  
月例法要を行いました。

霊園にて住職様による読経をあげていただきました。
   
ご参加いただきましたご家族の皆様、そして住職様、ありがとうございました。


ペットちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
                           
                    2017年4月20日 愛愛送社スタッフ一同

2017.4.20  
とわの愛の墓

4月20日

青山コマちゃん

共同墓地に埋葬させていただきました。
安らかにお眠り下さい...。≪愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.3.22  
2017年4月20日月例法要を行います。

4月20日の13時より自社霊園・斎場にて月例法要を行います。
 当霊園に永代供養をさせていただいておりますご家族様は是非ご参加ください。

2017.3.22  
月例法要を行いました。

霊園にて住職様による読経をあげていただきました。
   
  ご参加いただきましたご家族の皆様、そして住職様、ありがとうございました。


                 ペットちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
                           
                    2017年3月20日 愛愛送社スタッフ一同

2017.3.11  
我が子の絆、永遠に

大阪府八尾市在住

リッキーちゃんへ

頭の良い、おとなしい、すばらしいリッキー
ご苦労様でした。来世はきっともっとすばらしいものになるでしょう。

リッキーちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。≪2017年3月11日 愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.2.21  
とわの愛の墓

2月19日

本持チャップちゃん

共同墓地に埋葬させていただきました。
安らかにお眠り下さい...。≪愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.2.21  
2017年3月19日月例法要を行います。

3月19日の13時より月例法要を行います。
 当霊園に永代供養をさせていただいておりますご家族様は是非ご参加ください。

2017.2.21  
月例法要を行いました。

霊園にて住職様による読経をあげていただきました。
   
  ご参加いただきましたご家族の皆様、そして住職様、ありがとうございました。


                 ペットちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
                           
                    2017年2月19日 愛愛送社スタッフ一同

2017.2.16  
我が子の絆、永遠に

滋賀県栗東市在住

チビちゃんへ

チビ、天国へ行っても、レイ兄ちゃんと仲良くしてネ

チビちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。≪2017年2月16日 愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.2.15  
月例法要が2月19日に変更になりました。

こちらの都合により今月20日に予定しておりました月例法要が2月19日に変更になりました。
時間は予定通り13時より執り行います。
お越しの方は温かい恰好をしてお気を付けてお越し下さい。

2017.2.7  
我が子の絆、永遠に

滋賀県草津市在住

クロちゃんへ

『昨年亡くなった隣家のムク(ねこ)と天国で遊んで下さい。やすらかに』

 クロちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。≪2017年2月7日 愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.2.7  
2/7のペット関連ニュース記事です。

「飼い犬が死んだので休みます」で、上司の意見がまっぷたつに分かれた! どちらが正しいと思いますか?

キャリコネニュース (2017年2月6日 16時30分)
http://news.livedoor.com/article/detail/12638197/

Q&AサイトのYahoo知恵袋!に、こんな相談が寄せられていました。質問者のb20161002さんの会社では、先日「飼い犬が死んだので」という理由で欠勤した社員がいたのだそうです。これを聞いた直属の上司は、

「あいつ、仕事ナメてんのかぁぁ!!!」

と、ひどく怒ったとか。すると、それを聞いた社長が「家族が死んだら会社を休むのは当然だろ、貴様はバカかぁぁぁ!!!!」と大激怒したのだそうです。(ライター:Makiko.N)

「権力ある社長」が言えば正しいことなのか
社長が怒る姿を見た上司は、「……え、……え??」と動揺したとのこと。社長に褒められるとでも思っていたのでしょうか。質問者さんも「上司と社長、どっちが正しいと思いますか?」と尋ねています。

社長の反応から推測すると、実は相当な犬好きなのではないかと思われますが……。この質問には、何が正しいか正しくないかは会社それぞれなので、「社長がOKと言ったのならそれが正しいこと」という意見が寄せられています。

「正しいも何も、会社は縦社会。権力ある社長が認めたのだから、欠勤は許されたのではないかと」(curseandloveさん)

忌引きを申請した訳ではないので、会社のトップが許可したのであれば、直属の上司の考えにかかわらず、休んでも問題ないという意見です。しかしこれでは逆に、社長がダメと言ったら休めないということになりますが、それでもいいのでしょうか?

その一方で、社長の意向にかかわらず「ペットの死を理由に仕事を休むのは仕方がない」「良いと思う」という意見も複数あります。悲しいだけでなく、事後処理も必要になるというのです。

「飼い犬が死んだら火葬したり、埋めたりと大変なんで、休みがあってもいいと思いますが…」(uipwhe2916さん)
「我が家も飼い猫が亡くなったとき、ペット葬儀をしまして、遠方まで出向き、葬儀や火葬で1日かかりました」(g_goken_flushさん)

個人の事情で休みを申請して何が悪いの?
今は「ペットロス」なんて言葉もある時代。ペットを大切な家族の一員と考えて、人間同様に別れを惜しんだり、葬儀・火葬をしたりするという人が増えています。

今年1月5日付け日経新聞によると、ユニ・チャームは社員のペットが死んだ場合に1日の特別休暇を取得できる制度を作ったそうです。当面は犬・猫のみだそうですが、同社がペット用品を販売しているという背景もあるのでしょうね。

また時事通信によると、「ペット保険」を扱うアイペット損害保険では、昨年7月から犬や猫と暮らす社員が、ペット死亡時に兄弟や祖父母が亡くなった場合の忌引き期間に相当する3日の休暇が取得可能になったとか。まさに「ペットは家族」の発想です。

最近になって、ようやく「有給休暇の取得に理由がいらない」ということが浸透してきました。失恋であろうが飼い犬の死であろうが、個人の事情で休みを申請することが「仕事をなめている」と批判される憂鬱な世の中は、早く終わって欲しいものです。


大切な家族であるペットちゃんの大事なお別れの日、どんなに忙しいくても家族みんなで送り出してあげたいですね。

≪2017年2月7日 愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.1.25  
我が子の絆、永遠に

滋賀県守山市在住

リップちゃんへ

『リップ16年間ありがとう』

  リップちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。≪2017年1月25日 愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.1.20  
とわの愛の墓

2017年1月20日  

滝本はるちゃん

共同墓地に埋葬させていただきました。
安らかにお眠り下さい...。≪愛愛送社スタッフ一同より≫


俵ティンカーベルちゃん

共同墓地に埋葬させていただきました。
安らかにお眠り下さい...。≪愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.1.20  
2017年2月20日月例法要を行います。

2月20日の13時より月例法要を行います。
 当霊園に永代供養をさせていただいておりますご家族様は是非ご参加ください。

2017.1.20  
月例法要を行いました。

霊園にて住職様による読経をあげていただきました。
   
  ご参加いただきましたご家族の皆様、そして住職様、ありがとうございました。


                 ペットちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
                           
                    2017年1月20日 愛愛送社スタッフ一同

2017.1.14  
我が子の絆、永遠に

大阪府摂津市在住

たまちゃんへ

『一番長く一緒にいた大切な家族でした。本当にありがとう』

  たまちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。≪2017年1月14日 愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.1.13  
我が子の絆、永遠に

滋賀県湖南市在住

ミーちゃんへ

『お友達と天国で一緒に遊んでね。』

  ミーちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。≪2017年1月13日 愛愛送社スタッフ一同より≫

2017.1.11  
我が子の絆、永遠に

滋賀県東近江市在住

てんちゃんへ

『てんちゃんへ
 そらのうまれかわりとしてウチに来てくれたてんちゃん。 あまりにも突然すぎてビックリで...
 でも やっぱり さみしいよ。 天国でそらに会ったら よろしくね。仲良くするのよ。
 そらちんにかわいがってもらってね。』

  てんちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。≪2017年1月11日 愛愛送社スタッフ一同より≫

2015.8.12  
納骨堂をリニューアルしました。

滋賀県野洲市にあります斎場の2階に納骨堂をリニューアルしました。

2014.10.14  
訪問火葬車・送迎車 新車入れ替えしました。

 

2014.3.21  
霊園増築工事完了いたしました。

大変ご迷惑をおかけいたしました。

後、個別墓地、休憩場を建設予定です。

スタッフ一同

2014.3.1  
自社霊園増築工事開始いたします。

2月24日から3月10日まで自社霊園増築工事の為、ご家族の皆様にはご迷惑をおかけして
 申し訳ありません
 お子様のご供養に来られるご家族の皆様、3月10日完成いたしますので、新着情報をご覧ください。

2013.10.5  
女優の杉田かおるさんが愛愛送社に訪問

同、関連会社の京滋エンジニアリングのペット火葬炉の性能に興味をもっていただき
  愛愛送社で取材をうけ、同社も心あるペット葬儀社としてお言葉頂きました。


スタッフ一同、これからも心あるペット葬儀社としお役にたっていきたいと思っております。

2013.3.4  
ペットセレモニー優優が加盟店に。

ペットセレモニー優優が加盟店になりました。

2012.7.8  
斎場が完成いたしました。

滋賀県野洲市野洲に斎場が完成いたしました。

2012.5.11  
斎場の建設をしております。

滋賀県の野洲市に火葬炉・葬儀場・納骨堂を完備した、斎場を建設しております。
7月初旬に完成を予定しております。

2010.11.1  
ペットセレモニー愛彩が加盟店に。

この度、ペットセレモニー愛彩が加盟店になりました。

2010.10.27  
新商品の御案内

このたび新商品として、天使の羽衣の販売を開始しました。
             各サイズ ¥5000-
ペットちゃんとのお別れの際にやさしく包んであげられる
ふんわりとした、おくるみとなっております。

愛するペットちゃんの旅立ちにお役立ていただければと思います。

2010.9.1  
ホームページを新規オープンしました。

ホームページを新規オープンいたしました。
今後ともペットセレモニー愛愛送社をよろしくお願いいたします。

▲ページのトップに戻る